ヤミ金の取り立て

ヤミ金の取り立て|すぐに止める方法

ヤミ金の取り立て|すぐに止めたい

ヤミ金の取り立て

ヤミ金の取り立ては止められます!

ヤミ金の催促も止められます!
元金の返済も不要!
利息・利子・ジャンプ金の支払いも不要!

 

こちらの無料相談に電話をかけてください。
ヤミ金の取り立て・催促問題を数多く解決している法務事務所の無料相談です。
安心してください!

 

あなた自身(借り手)やあなたの家族、知人がヤミ金と交渉しても、ヤミ金は取り立てや催促を止めません。
しかし、法務事務所が交渉すれば、ほとんどのヤミ金は取り立てや催促を止めます。

 

また、法務事務所が交渉すれば、ヤミ金の借金(元金)が返済不要になります。
借金を返さなくていいのです。
もちろん、利息・利子・ジャンプ金なども払わなくていいのです。

 

まずは、法務事務所の無料相談で、ヤミ金の借金について話し、アドバイスを受けてください。

 

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685

公式サイト:ジャパンネット法務事務所の闇金相談はこちら

 

エストリーガルオフィス 0120-735-072

公式サイト:エストリーガルオフィスの闇金相談はこちら

 

 

 

ヤミ金の取り立てで困ったら「司法書士(法務事務所)の無料相談」を利用

ヤミ金被害で困ったら、司法書士の法務事務所がオススメで、豊富な経験と実績を持つ司法書士が問題を解決してくれます。
長年闇金を専門で行っている司法書士の法務事務所なら、ヤミ金業者の弱点をしっかり把握しています。
ポイントを抑えた交渉を行ってくれるので、スムーズに解決することができます。
また交渉で解決出来ないしぶとい業者には、口座や携帯電話の凍結、そして刑事告訴まで徹底的に対処してくれます。
ヤミ金被害で悪質な取立て、違法な利息、督促電話などで困ったら、司法書士の法務事務所に任せることです。
確かな実績と経験をもった専門相談員が悩みをきちんと聞いてくれます。
まずは、法務事務所に無料相談することです。どの法務事務所も、数々のヤミ金の被害者を救済してきたプロ集団なので安心です。
ありえない利子と延滞金を請求してくる闇金は、一度借りてしまうとなかなか抜け出すことはできません。
ヤミ金の対応に力を入れていて、電話で無料相談ができるのが、司法書士の法務事務所です。
ヤミ金被害で困ったら、司法書士法務事務所の無料相談を利用しましょう。

 

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685 (ヤミ金のことなら無料で相談できます)

 

 

闇金の借金で困ったら司法書士に相談する

闇金から借金してしまうと、その高額な利息で抜け出せなくなってしまう人がほとんどです。闇金の言う通り返済をしているだけでは、利息のみの支払いが多く、元金が一切返済されていないケースが少なくありません。しかし、違法な金利を支払う必要はなく、裁判を起せば勝てる見込みがあります。
闇金に手を出している人は、多重債務者でもはやどこからも借り入れられない人がほとんどでしょう。藁をもすがる思いでお金を借りているという場合、闇金の違法行為に立ち向かう気力など残っていないかもしれません。けれど、何もしなければ、事態はどんどん悪化の一途をたどるだけです。「闇金の返済で、もうどうにもならない」となっているなら、司法書士に相談することをおすすめします。司法書士は、法律に沿って借金問題を解決するように動いてくれます。
まず、違法な貸し付けを無効にできる可能性があります。さらに、債務整理を行うことで、闇金からの借り入れには当然過払い金が発生しているために、元金はすでに完済されていると分かることもあるでしょう。
多重債務で、もう到底返済できそうもないなら自己破産の手続きも手伝ってもらえますので、まずは相談してみることをおすすめします。

 

 

闇金には徹底抗戦!直ぐに法律の専門家や警察に相談!

闇金は、貸金業法、出資法および利息制限法を全て無視し、脅しや恫喝嫌がらせなど恐喝罪や迷惑防止条例違反を行ってきます。
しかし、全てが違法行為であり、1円たりとも返済する義務が無く、安易に利用しまった場合でも弁護士や司法書士へ依頼するすることで取り立てが停止します。
警察へ相談という方法もありますが、この場合は民事不介入の原則に基づくため、実質的に被害が無い限り捜査対応が行われないのが現状です。
ですが、弁護士や司法書士が動いた場合、警察も組織の実態究明および壊滅に動く必要があり、利用者が被害で苦しむことは無くなります。
先ず、弁護士や司法書士へ依頼した場合、多くの闇金は取り立てを停止し、諦めるケースがあります。
そもそも、違法な貸し付けであり、裁判所へ債務整理の手続きおよび訴訟、被害届を提出した場合、闇金は対抗する方法が無くなります。
これは、誰かが出廷した時点で警察が待ち構えており、逮捕されるということになってしまいます。
闇金もチンピラ集団やバカの集まりではなく、巧妙かつ賢い対応を行い、法の隙間を突い行動しているのが実情です。
ヤクザやチンピラのような見た目や言動ではなく、普通のサラリーマン風の人が違法貸し付けを行っているケースが多くあり、頭のキレる人間が多くいます。
そのため、法的な手続きには敏感であり、自分自身に影響が出ることを恐れて、一目散の手を引くこととなります。
また、直接的な行為は警察へ逮捕される行為であり、あくまで脅しや恫喝により利用者に精神的なダメージを与え、取り立てを行うのが上等手段です。
そのため、気の弱い利用者の弱みに付け込みどんどん返済を迫ってくるのが当たり前となっています。
しかし、返済義務もないため、精神的に追い込まれる前に専門家に相談することで適切な対応が行われます。
さらに、闇金の存在は違法であるため、組織壊滅のため、電話番号や銀行口座を届け出ることで、少しでもダメージを与えることも可能です。
泣き寝入りするよりも、法律および専門家を盾に徹底抗戦する気持ちが大切です。

 

 

ヤミ金の取り立て

ヤミ金と呼ばれる、いわゆる違法な貸金業者は2010年の貸金業法と出資法の改正によって影をひそめるようになりました。
全く存在し無いというわけではありませんが、法律によって罰せられる対象となるため表にでてくることは少ないのが現状です。
ヤミ金の取り立てとなると、強面のカタギでは無いような人が数人で家に来て、金返せと大きな声を上げたり、張り紙をするなど嫌がらせにもとれる行為を繰り返すこともあったようです。
勤め先に電話を何度もかけてきたり、それなとなく借金をしていると周りの人に知らせ、その人を孤立に追いやり、さらに借金を繰り返させるような、取り立てと更なる借り入れを要求するような悪質なものも存在しました。
ヤミ金自体が少なくなり、こういった取り立ては非現実的なものになりつつありますが、絶対に無いとも言い切れません。
借金を重ね、法律に沿った営業をしている業者で借り入れができなくなった人でも、簡単に審査が通ったりするような業者の中には、暴力団の資金源となっているところもあります。
そういったところで借り入れを行ってしまうと、法律にぎりぎり触れないような悪質な取り立てもあるようです。

 

 

強引な取り立てを繰り返す

2010年に貸金業法と出資法が改正される前、貸金業法で定められている最高金利と出資法で定められている最高金利には差があり、その間の金利で貸し付けを行う事で、高い利率の金利を債務者に背負わせる業者が存在しました。
法律での厳罰もあいまいであったため、20数%と言うような非常に高い金利で融資を受けるケースがありました。
このような法律のグレーゾーンで隠れることなく営業を繰り返していたのがヤミ金と呼ばれる業者です。
通常、金融業者で融資を受ける場合は審査が必要ですが、審査を容易に通過できたり、借金を繰り返して他の金融業者から借り入れができなくなった人に甘い言葉をかけるなど、特に借金を繰り返す人間をターゲットに借り入れをさせ、強引な取り立てを繰り返す。
そんな業者でした。
最近では法の改正などの影響で表だって営業をしているヤミ金業者は影を潜めていますが、借金を繰り返し困っている人を食い物にする業者が全くいないわけではありません。借金ができなくなり、困り果てているところに優しい声をかけてくるような怪しい業者がいたら、もしかしたらヤミ金業者かもしれません。

 

ヤミ金はお年寄りからも取り立てる

お年寄りを狙うヤミ金が最近、増えています。
その理由は、お年寄りはお金を沢山もっているからです。
タンス預金のほとんどはお年寄りが占めていると言われています。
ヤミ金の手口でよくあるのが、お年寄りの年金を狙う年金担保金融です。
ヤミ金業者は言葉巧みにお年寄りに近づいていき、年金を担保としてお金を融資するよう話をしてきます。
お金がもっと必要なお年寄りは、あっさり騙されてしまうのです。
ヤミ金業者に年金証書や通帳、印鑑などを渡してしまったら最後です。
そうすると、お年寄りの代わりにヤミ金業者が年金を受け取ることになり、融資した金額を返済し終わったあともヤミ金業者は通帳や年金証書を返さないので、お年寄りの代わりに年金をずっと受け取ることになります。
最近のお年寄りは、ギャンブルにはまっている人が多く、意外とこうした手口にひっかかるのです。
最近では、お年寄りを狙う新たな偽装質屋の手口も出てきています。
これは、巧妙なシステムになっていて、口座引き落としを利用して、高齢者が何度も偽装質屋に通い続けるという仕掛けになっています。

 

 

闇金からの取り立て体験談

ヤミ金の取り立てと闘った母の話

母から聞いた、ヤミ金にまつわるお話をこれからします。
私の実の父親がヤミ金に手を出してしまったのは、まだ私が小学校低学年の頃でした。
父はアルコール依存などあり、また、この頃既に仕事も欠勤状態で、そんななか飲み屋にいっていたのです。
当然足りないお金。そこで手を付けてしまったヤミ金。
幼かった私はそこまでは気づいていませんでした。借金をしているくらい、の認識でした。
ですからヤミ金の人が取り立てに来ていたことも、後から聞いた話です。取り立て、そんなもの本当にあるのかと長年思っていた私ですが、母より聞きました。取り立て屋から私を守るのに、母は必死でした。取り立ては毎日のようにあり、私のような小学生が下校するころになると、当時住んでいたマンションの近くで常に見張られていたそうです。そんな取り立て屋に私の存在がばれない様に、毎日が戦いでした。確かに、チャイムがなっても「出ちゃだめよ」と言われたことがありました。そんなことも知らずに父親の借金は増えていくばかり…。当然取り立てもひどくしつこくなります。私が学校に行ってる時間など、取り立てが酷かったそうです。
内職などで精いっぱいだった我が家。最終的には完済しましたが、両親は離婚、現在は借金はありません。ヤミ金が奪っていくのはお金だけではないこと、そんなヤミ金が実は身近にあったのだと思うと今でも怖いです。

 

本当に怖かったヤミ金の取り立て

私の父の話です。
父はとにかく賭け事が大好きで私が小学生くらいの頃から本当に金使いが荒く、家計は火の車いつも母がお金に関しては苦労していました。
ある日父が仕事で出掛けていた時に二人の男の人が自宅に尋ねてきて、父のお金の返済が滞っているような事を言っていました。
その頃は私もまだ小学生、あまり詳しい金額の事まではわかりませんでしたが、とにかく男の人二人はとても大柄で目つきも鋭くて本当に怖かった。
そんな人が何度か尋ねてきては母に話をしていて、父は仕事から帰ってきてもまたすぐどこかへ出掛けていく、そんな感じで少しずつ家庭内は冷えていっていたのだと思います。
その後一年ほどして両親は離婚しました。
今思い返せばあの時の男の人達はヤミ金の取り立ての人だったんだろうな、ドラマで見るみたいにドアを叩いて大声を出してというような感じはなかったのですが、威圧感のある雰囲気がとても怖かったのを覚えています。
そんな人達を見たのはその時きりですが、世の中には本当にあんな人達っているんだなって思いました。
子供だったから余計にそう感じたのかもしれませんが、今でもあの冷酷な目付きの男の人の顔が脳裏にハッキリと焼き付いています。

 

 

取り立て現場を見た(※投稿記事)

私が大学生の頃ピザ屋でアルバイトをしていました。アルバイトの仕事に配達とピザ作り以外にチラシのポスティングの仕事がありその日はポスティングの担当でした。
担当エリアに移動してポスティングを開始してしばらくして少し大きめのアパートにチラシを配ろうとして郵便受けのある場所に行くとゴッツイ男の人が数人立っていて「嫌だなあ」と思っていたらそのゴッツイ男の一人が窓をドンドン叩き始めたんです。そして「おるやろ!居留守使うなや!」と言いながら窓を無理矢理開けようとし始めました。更に別の男がドアをドンドン叩き始め「いるの分かってるんですよ〜お金返してくださいよ!」と言っている。私の目の前でヤミ金の取り立てが行われているのです。テレビで言われていたりドラマで見たことある光景が実際に目の前で繰り広げられていて、しかもテレビで見たそのままの取り立てをやってるんだ。と思わず見いってしまいそうになったが私がとばっちりを受けたら怖いので関係ないけどヤミ金の取り立てに見つからないようにそっとその場を立ち去りました。
しかし平日の真っ昼間から取り立てってやってるんですね。てっきり夜に行くもんだと思っていたのでビックリしたのを覚えています。

 

 

ヤミ金とは登録していない貸金業のこと

ヤミ金とは、登録していない貸金業のこと。「アンダーグラウンドな貸金業者」と考えても良いでしょう。
ヤミ金についてより詳しく説明すると、「貸金業を営むにあたって、国や都道府県に登録せずに(貸金)業務を行っている業者」のことを指します。
ヤミ金は国や都道府県に登録せず、法に縛られずに自由に貸金業を営んでいるわけです。

 

では、このヤミ金は登録している貸金業者と何が違うのか?
違う点はいくつかありますが、大きな違いは「金利」です。
法定の金利は厳守されていません。
よく闇金の金利について「トイチ」といったワードが用いられることがありますね。トイチとは、10日で1割の金利がつくことです。
最近では、トイチよりも、トサンやトゴが多いようです。

 

また、「取り立て」も違います。
ヤミ金の取り立てには貸金業法に関係なく、悪質な取り立てをすることもあります。最悪の場合、あなた自身やあなたの身の回りの人が危険にさらされることもあります。
じゅうぶん注意してください。

 

では、なぜ、そのような貸金業者を利用する人がいるのか?
という問題なのですが、これは「信用情報に事故履歴が残った状態でも借りることができるから」です。俗に言う「ブラックリスト」に入っていても借りられます。
借金地獄に陥ってしまうと、こういった貸金業者(ヤミ金のこと)を利用せざるを得なくなっていくのです。

 

ヤミ金はその名前の通り、闇の世界の金融機関なのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ